スキンケアと夏場に映えるコスメの研究

スキンケアと夏場に映えるコスメの研究

私が綺麗になるために努力している事はスキンケアメイクの研究です。

 

まず、スキンケアでお肌を綺麗にしておいかないといくら高いコスメを使ってもムダになってしまうからです。ニキビができやすいので夏場は外に出て、一回家に帰ってきたら、その後また外に出る用事があったとしても必ずクレンジング&洗顔をするようにしています。

 

汗をかくようになってきたので、その皮脂とメイクが混ざった状態のまま肌の上で放置していると、ニキビの原因になるのでめんどくさくても、必ずクレンジングをしてアクネタイプのスキンケアをたっぷりつけて、夏場でもなるべく肌を清潔な状態に保つように努力しています。

 

綺麗な肌には夏にぴったりの明るい色がよく似合います。

 

夏限定でよくブルーを使うのですが、ブルーはとても難しくて肌がくすんでいたり、バットコンディションの時はグレーに見えてしまい、とても汚い色に見えてしまいます。

 

ブルーを綺麗に見せるためにアイメイク用の下地にもこだわり、くすまないような発色の良いブルーのアイシャドーを探して、デパートのコスメ売り場などにもよく足を運びます。

 

今年は鮮やかなピンクの口紅にも挑戦したいので、唇のケアも頑張っています。

 

カサカサ唇にピンクの口紅は似合いません。

 

30代 N.H.さんより

目指せ!美魔女

見た目年齢30代前半との噂の私です。

 

頑張っているのはまずはスキンケア
特別な事よりも大切なのは、日々の基礎的なお手入れだと思ってます。
洗顔後は、乾燥を防ぐために即保湿。お風呂の時は脱衣場に化粧水と乳液を持っていきます。

 

体が温まっていると水分の蒸発が早いので、顔だけ拭いたらスキンケア。その後、体を拭いて部屋で美容液とクリームをつけます。
冬場は一度スキンケアした後でも、乾燥を感じたらクリームを重ね付けします。

 

また洗顔もすごく大切だと思うので、いくら面倒くさくてもフワフワに泡立てて力を入れないように洗顔します。洗い流した後も絶対ゴシゴシこすりません。

 

それだけ頑張ってても、お肌トラブルを起こす時もあります。そんな時はローションマスクでスペシャルケアを。

 

最低週に一度はマッサージクリームを使って癒しのエステタイム。
マッサージは、行き付けの化粧品店のBAさんに教えてもらいました。

 

あと、気をつけたいのは体型ですね。
どうしても締まりがなくなり、たるんでしまいますので筋トレで筋肉をつけて、
かつ代謝を上げて太りにくい体作りをしています。

 

また日頃から姿勢にも気をつけています。正しい姿勢を保つと、それだけで太りにくくなりますよ。

 

スキンケアと姿勢については、特に特別な道具もいらないし心がけ次第で実践できると思います。

 

40代 R.S.さんより

お肌をしっかり休める

わたしは毎日、最悪でも夜12時までに寝るように心がけています。
どんなに綺麗にメイクをしても、基となるお肌が汚かったら、魅力は半減してしまいますから。

 

忙しくない日や早く帰ることが出来た日は10時に寝るようにしています。
10時から2時までの間は、お肌が回復する時間帯なので、この時間帯を起きてすごしてしまうと、その日の分のお肌の回復ができないままになってしまいます。

 

テストの勉強に追われて、1週間ほど2時以降に寝てしまった時期がありましたが、翌日のお肌は酷いものでした。手触りはガサガサ、そこかしこに吹き出物が出て、気分は最悪でした。

 

重要なのは、睡眠時間を多く確保することではなく、10時〜2時の間を眠って過ごすということです。
どんなにたくさん眠ったとしても、この時間起きていては全く意味がありません。

 

メイクを落とし、たっぷりの化粧水を含ませ、乳液でフタをしたら、早めにベッドへ行きましょう。
そして、お肌を休めてあげましょう。

 

しっかりお肌を休めてあげた次の日は、とても滑らかですてきな仕上がりになっています。
あまりにも夜更かしをする日が連続すると、お肌はあっという間に弱ってしまうので、極力この時間帯は眠るように心がけています。

 

10代 R.O.

スキンケアと夏場に映えるコスメの研究関連ページ

ほうれい線対策にお口の運動
最近、ほうれい線対策として、暇があれば口を動かすようにしています。 「あえいうえおあお、かけきくけこかこ…」という風に、大きく口を動かします。
見た目年齢で大きな差がでます。
30代、40代と年を取るにつれて、気をつけて生活している人としていない人とでは、 見た目年齢で大きな差がでます。